脳にリラックスの効果

リラクゼーションを脳に

リラクゼーション:脳への効果

「統合失調症」などの神経系のご病気をお持ちの方の場合、脳の一部に何かしらの変化が見られる、とされています。そのことから、強い恐怖心などを抱くようになってしまい、これはうつ病の患者さんも同じですが、こうした理由からいつも「酷い緊張感」などを感じていることが多い、とされています。その際に、リラクゼーションマッサージを受けると、脳には「リラックスしよう」という信号が送られるために、とても心にとっても効果があり、そのため、緊張がほぐれて、とても眠りが良くなるケースがあります。リラクゼーションマッサージについては、費用などがかかる場合もありますが、何とか働きながら、このような施術を受けて、緊張感をほぐしているうつ病の患者さんもいらっしゃいます。

自律訓練法で脳と体のリラックス

自律訓練法とは、自己暗示によってリラクゼーションする方法です。まず、寒くも暑くもない心地よい場所に仰向けに寝て下さい。両腕と両足は少し開いて体から離します。そして、ゆっくり目を閉じます。自分が落ち着いた状態であることを感じましょう。気持ちがやわらいできたら、右腕が重たいと心の中でつぶやきます。重たさを感じたら、次は左腕が重たいとつぶやきます。その次は右足、そして左足と順に重さを感じるように暗示します。重たさの次は温かさです。重たさの時と同じく、右腕、左腕、右足、左足の順で暗示します。終わった後は、催眠状態に近くなっているので、それを消去する動作をします。手を開いたり閉じたりを繰り返し、最後に伸びをします。脳にも体にもリラクゼーション効果があります。

脳とリラックスの情報

↑PAGE TOP