脳の刺激でリラックス

脳活性化リラクゼーション

リラクゼーションと脳と科学

リラクゼーションマッサージなどを受けると、脳にも良い刺激が与えられる、と医学的にも科学的にも証明がされています。これは、よく聞く話ですが「配偶者などがおり、お互いにマッサージなどをし合ったり、抱き合ったりしているカップルの方が、ストレスを受けても、リラックス出来る点が多く、うつ病などになりにくい」とされていることと、関係があります。つまり、リラクゼーションマッサージなどのように、他の方に良い刺激をもらえると、脳の働きは活性化し、とてもリラックスが出来ると同時に、心が安らぎ、うつ病などの対策にもなる、ということです。

睡眠と瞑想で脳を休ませる

脳を休めるためには、睡眠をしっかりとることが大切です。また、瞑想をすることが脳のリラクゼーションになります。瞑想は、心地よい静かな環境の中で、椅子に座ったり、床に座ったりして行います。静かに目を閉じ、鼻から息を吸い込み、お腹が膨らむのを感じます。そして、鼻から息を吐き出し、お腹が凹んでいくのを感じます。これを繰り返します。この時、何も考えないようにします。頭の中に、何か考えが浮かんでしまったとしても、無理に消す必要はありません。そんな自分を受け流して下さい。瞑想は、1日5分くらいでも構いません。始める前に、タイマーをセットしてから始めて下さい。鳥のさえずりや波の音、川の流れる音などの自然音を流すと、よりリラクゼーション効果があります。

脳とリラックスの情報

↑PAGE TOP